スーパーストロング構造体

スーパーストロング構造体バリュー

地震国ニッポンで家を建てるこれからの「安心基準」。
スーパーストロング構造体バリュー

「耐震等級3」は、国土交通省が2000年に定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級です。建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力が定められており、この力に対して倒壊しない程度のものを「等級1」としています。

スーパーストロング構造体バリューは、全棟で「耐震等級3」相当を実現しています。

※1「耐震等級3」相当とは、トステム(株)が建物の構造の安全性に項目を絞り、その性能を評価しているため、表示項目全てを評価した住宅性能表示制度による「耐震等級3」とは区別して表示したものです。

さらに、万が一の震災時も安心な耐震補償※2

万が一、スーパーストロング構造体バリューで建築した家が地震の揺れにより全壊した場合、最高2,000万円まで建替え費用の一部を負担します。

耐震補償の期間は、瑕疵担保責任保険の期間と同じく10年です。

※2スーパーストロング構造体バリューで建築した家が、直接加わった地震の揺れを原因とする損壊によって補償建物について生じた損害が全壊の場合、一定の条件のもとに、建替え費用の一部を負担します。(現金での補償はいたしません)補償建物の条件、補償の内容、最高限度額、免責事項等については、耐震補償付き「スーパーストロング構造体バリュー」約款をご確認ください。

スーパーストロング構造体についての動画


TOPPAGE  TOP